ダイナミックQ10+DHA・EPA Q&A

Q1.コエンザイムQ10というのはどのようなものでしょうか?。
カラダに欠かせない補酵素の一種です。 コエンザイムQ10(以下COQ10と記載)は、カラダの中で作られている補酵素の一つです。体内のあらゆる細胞内に存在し、私たちが生きるために必要なエネルギーの産生や、有害な活性酸素から細胞組織を守るためになくてはならない働きをしています。
Q2.補酵素について教えて下さい。
体内の酵素反応を円滑に行なうためのいわば潤滑油のようなもので、ビタミンやミネラルに代表されます。生き物のカラダの中では、膨大な数の生化学反応が繰り返されて生命が維持されています。こうした体内での化学反応の大部分は酵素反応と呼ばれるもので、体内で作られる酵素が介在して行なわれますが、実は酵素反応は補酵素の助けを借りないとスムーズにいかないことが判っています。代表的な補酵素といえばビタミン類やミネラルがこれにあたります。COQ10もカラダにとっては、これらと同等の大切な役割を果たしています(体内で合成できるためビタミンではないのですが、その働きの重要性からCOQ10を「ビタミンQ」と呼ぶこともあります)。
Q3.COQ10は具体的にどのようなはたらきをしているのですか?
COQ10のはたらきは大きく分けて2つです。
(1)糖や脂肪を生きるためのエネルギーに変換する。COQ10のはたらきのひとつは私達が生きるために必要なエネルギー生産への関与です。少し難しくなりますが、カラダは食べた物を呼吸で取り入れた酸素と反応させ、その酸化によるエネルギーで体温や運動するチカラや新陳代謝のチカラを得ています。エネルギーの生産はあらゆる細胞の中で行なわれていますが、その元になるのが糖や脂肪で、これらが酸化されて作られるATP(アデノシン3リン酸)という物質がカラダにとっての直接的なエネルギー源となっています。糖や脂肪は酵素反応によってATPに作り変えられますが、この時の補酵素がCOQ10です。COQ10が充分でなければ、食事を摂ってもそれをスムーズにエネルギーを利用できなくなりmす。
(2)細胞膜の酸化を防ぐ。 もうひとつのはたらきは体内脂質の酸化を防ぐ抗酸化作用です。脂質が酸化して過酸化脂質になると、毒性物質や老化物質として体内に残留し、カラダの老いを推進する主因となります。脂質の中でも特に活性酸素の攻撃にさらされやすいのが細胞膜(細胞膜はリン脂質でできています)ですが、COQ10は細胞膜に存在し強い抗酸化力を発揮することが知られています。
Q4.カラダで作られるものなら、特に摂取する必要はないのでは?
COQ10は加齢に従って生産量が低下していくことが判っています。 人間の場合、20歳から30歳にかけて体内のCOQ10生産能力がピークになり、その後加齢に従って徐々に生産力が低下していきます(下図参照)。個人差はありますが40歳くらいを境にCOQ10の不足が見られ始め、高齢者の多くはCOQ10の不足に陥っていると考えられています。COQ10は食品からも摂取できますが、通常の食事に含まれる量はごくわずかです。結果としてCOQ10の体内量の低下を食い止めることができていないため、サプリメントでの摂取をおススメしています。
心臓中のCOQ10量[Kalen,A.,et al(1989)Lipids 24 579-584]
年齢COQ10量(μ g/g)
19~21歳110.0±9.4
39~41歳75.0±8.3
77~81歳47.2±3.9
Q5.どんな方にお勧めすればいいのですか?
カラダにとってCOQ10の不足はビタミンやミネラルの不足と同様に深刻なものですから、健康を考える方すべての方におススメします。
Q6.1日にどれくらいの量を摂取すればよいですか。
年齢や目的によって個人差はありますが、臨床的知見からは100mg/日(ダイナミックQ10の場合3粒)の摂取がオススメです。 使用する目的や、年齢、ライフスタイルなどで個人差はありますが1日3粒のダイナミックQ10(COQ10で100mgに相当)の飲用をお勧めしています。100mg/日の摂取の場合は、多くの臨床データで効果の確実性が実証されています。 継続使用を行なう段階では、40歳未満の方なら1日に1~2粒、40歳以上の方は1日3粒の飲用が目安となります。
Q7.摂取による安全性について教えてください。
COQ10の安全性は様々な角度から検証されています。 米国でパーキンソン病の患者に対し、1日300mg、600mg、1200mgの投与群に分けて16ヵ月継続投与し、経過を観察しました。その結果1日に1200mg投与群については病気の進行が44%も抑えられるという結果がでましたが副作用的なものは一切認められませんでした。これ以外にもCoQ10の投与によって導かれたとされる具体的な副作用の報告はありません。 尚、パーキンソン病患者に対する大量投与の実験に用いられたCoQ10の原料はダイナミックQ10と同じものです。
Q8.製品のナチュラルコエンザイムとどういう意味ですか。
ダイナミックQ10は100%天然のCOQ10を使用しています。 COQ10の原料は酵母から発酵抽出された天然のものと、合成によるものがあります。どちらも98%以上の高純度品で化学的には同一のものです。しかし合成品には重量比で0.3%程度のシス体(正常でない構造のもの)が含まれており(メーカーが公表している訳ではありません)、その安全性について具体的なデータがある訳でもないので、弊社ではより安全性に不安のない発酵法による天然原料を選択しています。
Q9.ビタミン類や魚油はどういう根拠で組み合わせているのですか。
COQ10の抗酸化力はビタミンEが充分でないと発揮されません。 COQ10の抗酸化作用は、他の抗酸化物質とは異なり、COQ10そのものが酸化を受ける訳ではありません。 脂質の酸化を防ぐ抗酸化物質の代表は脂溶性成分であるビタミンEとβ-カロチンです(より強い抗酸化力を持つのはビタミンEの方です)が、COQ10はビタミンEのリサイクルを行ない、分解や消耗を防ぐ役割を持っています。ビタミンEは自らが酸化する(活性酸素とくっつく)ことで活性酸素の害が他に及ぶことを防いでいますが、酸化してしまった後は抗酸化物としての機能は失われ、場合によっては逆に体内脂質の酸化を促進してしまうこともあります。ところがここにCOQ10があると、酸化したビタミンEが還元され、再び活性酸素と戦うことができるようになるのです。ダイナミックQ10には、抗酸化機能でCOQ10の最良のパートナーであるビタミンEを3粒中に50mg配合しています。他の組み合わせについては下記に記載しております。
  • [ベータカロチン]:ビタミンEと同様に細胞膜の酸化を防ぐ働きがあります。製品の抗酸化機能向上の目的で3粒中に2.5mg(ピーマン約25個分)配合しています。
  • [ビタミンB12]:悪性貧血を防ぐビタミンとして知られており、1日の所要量はわずか2.4μgですが、最近の研究で神経伝達にも関ることが判り、医療分野でも多用されるようになりました。若々しい神経系を保つ意味で製品3粒中に17.3μg配合しています。
  • [DHA・EPA]:これらオメガ3系脂肪酸は、血液をサラサラにしたり、脳の情報伝達を正常に保ったりする上でとても大切です。ダイナミックQ10は高齢化社会に向けての健脳食機能を重視し、DHA・EPAをそれぞれ3粒中に35mg・30mg配合しています。
Q10.ソフトカプセルにしている理由を教えてください。
COQ10は油と一緒でないと吸収されません。 COQ10は脂溶性(油に溶ける)の成分のため、油に溶けてから吸収されます。油を一緒に摂れるソフトカプセルはCOQ10の吸収のためにも理想的です。また、光に対して弱いので、カプセルにも色を付け、茶色の遮光瓶に入れて品質の低下を防いでいます。 *油に溶かしてから充填するソフトカプセルは、錠剤やハードカプセルと較べCoQ10の吸収性が2倍になります。含有量が同じになっていても、公平に比較するなら錠剤やハードカプセルは表示値の半分で評価する方が実態に即しています。