ジョインスムーズ Q&A

Q1.ジョインスムーズとはどのような商品ですか?
フィッシュコラーゲンペプチドをベースに、N-アセチルグルコサミン、イヌリン(食物繊維)を加え「スムーズ」「キレイ」「丈夫」の三つをキーワードに設計されたアクティブを応援する粉末飲料です。
Q2.コラーゲンのはたらきはどういったものですか?
カラダの様々な組織の細胞をくっつける役目があり、皮膚(真皮)や骨、腱や関節の軟骨部分を作ったり、血管や眼球の水晶体の材料になったりと全身のあらゆるところで活躍しています。 カラダの大部分は水を除くとたんぱく質で作られています。たんぱく質にはいろいろな種類がありますが、ヒトの場合、全身のたんぱく質のおよそ30%がコラーゲンで、体の多くに関与しています。しかしながら、コラーゲンを摂取することが美容や健康に良いという科学的なしくみは、完全には解明されていません。コラーゲン摂取の実験結果の報告として、コラーゲンの分解物の一部が体内のコラーゲン合成を促す信号役になっているのではないかという仮説が立てられています。コラーゲンの合成能力は加齢とともに衰えていきます。加齢に応じてコラーゲンを摂取することは重要といえます。注意点として皮膚からのコラーゲン吸収は一切ないという点です。化粧品のコラーゲンは保湿剤であり、経皮吸収によるコラーゲン補給を目的としたものではありません。
Q3.N-アセチルグルコサミンは普通のグルコサミンと違うのですか?
N-アセチルグルコサミンはいわば活性化したグルコサミンです。体内でN-アセチルグルコサミンに変化しない限り、グルコサミンのジョイントケア機能は発揮されません。 通常のサプリメントに使われているのは塩酸グルコサミン、または硫酸グルコサミンです。これらは胃腸内でグルコサミンが切り離されて体内に吸収されます。体内に入ったグルコサミンの多くは実はエネルギーとして利用されています。(一般のグルコサミンは血糖値に影響を与えるため、糖尿病などで血糖値をコントロールする必要のある方は注意が必要です)グルコサミンの一部だけがN-アセチルグルコサミンに作り変えられます。 N-アセチルグルコサミンはそれ自身が関節接合部の材料になるだけでなく、必要に応じてヒアルロン酸やコンドロイチンに形を変えることができます。逆にヒアルロン酸やコンドロイチンからN-アセチルグルコサミンが作られることはありません。つまりN-アセチルグルコサミンは、関節や肌をケアするネットワークの中心に位置付けられる物質です。 グルコサミンからN-アセチルグルコサミンを作り出す能力には個人差がある(但し能力の高い方でも7割くらいはエネルギー代謝されてしまう)ものと思われますが、はじめからN-アセチルグルコサミンの形で摂取すると合成能力の如何に関わらずどなたでも効果的にカラダで利用できます。一般にN-アセチルグルコサミンの合成能力は加齢に従って衰えていく(だから関節が故障しやすい)ので、節々が気になる年代の方は、グルコサミンよりもN-アセチルグルコサミンの形で摂取する事が勧められます。 * N-アセチルグルコサミンは血糖値に影響を与えません。 * N-アセチルグルコサミンは一般的なグルコサミンの3~4倍の活性があります。100mgのグルコサミンを含む製品の実力はN-アセチルグルコサミン25~30mg含有製品と同等と考えて差支えありません。
Q4.イヌリン(食物繊維)はどのようなものでしょうか?
イヌリンは、ヨーロッパで人気の素材で、ファイバーとオリゴ糖の長所を併せ持ったような働きをします。 根菜や芋などに多く含まれるいわゆる一般的な食物繊維はセルロースと呼ばれるもので、非常に強固な構造をしており、ヒトの消化酵素はもちろん腸内細菌でもほとんど分解することができません。イヌリンはセルロースとは異なった化学構造を持つ食物繊維で、ヒトの消化酵素で分解されない点はセルロースと同じです。イヌリンは小腸内では食物繊維として働きますが、腸内細菌で徐々に分解され、最終的にはフラクトオリゴ糖に変化します。つまりイヌリンは、小腸内で過剰な脂質の吸収を抑えるなど食物繊維の働きをした後に、大腸ではオリゴ糖に姿を変えて働き、善玉菌を増やして腸内環境を整え、便通の改善や腐敗物産生の抑制、Caの吸収促進などのチカラを発揮するハイパー食物繊維という訳です。
Q5.ジョインスムーズの成分の組み合わせの特長を教えてください?
コンセプトである「キレイ」、「丈夫」、「スムーズ」をカバーする成分の組み合わせとなっています。
[キレイについて]
肌を生き生きと若々しく保つためには、それを組織するコラーゲンやヒアルロン酸が充分であることが必要です。しかし便秘などで腸内環境が悪化すると、コラーゲンやヒアルロン酸が満たされていても、肌に著しい悪影響が出てきます。 本製品の場合、消化のいい低分子フィッシュコラーゲンペプチドがベースです。そこにイヌリンを加えることでより腸内に働きかけると同時、N-アセチルグルコサミンという、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどにマルチに変化できる成分使用しています。キレイの材料が摂取できる上に、それを活かすための体内環境もサポートする二つの機能がドッキングしています。
[丈夫について]
丈夫なカラダの礎になっているのが骨格ですが、残念なことに骨は加齢と共にどんどん弱くなっていきます。骨の成分の70%はたんぱく質で、その大部分がコラーゲンで構成されています。もうひとつ丈夫な骨に欠かせないのがカルシウム。カルシウムは充分に摂ることがまず大切ですが、それを効果的に吸収させることも重要な栄養素です。 製品のベースになっているコラーゲンペプチドがここでも活躍する他、イヌリンが腸のサポートを行い、カルシウムの吸収を促進する働きがあります。
[スムーズについて]
本製品のスムーズには二つの意味があります。一つは腸をサポートする、おなかへのスムーズ。もうひとつがコラーゲンとN-アセチルグルコサミンの組み合わせによる関節のスムーズです。関節については、コラーゲンペプチド、N-アセチルグルコサミンそれぞれ単独使用での有効性データがある他、この両者を併用することでの相乗効果があることが実験で示されています。
Q6.どれくらいの量を摂取すれば良いですか?
1日7.5g以上を目安にお召し上がりください。 厳密には使う目的や、年齢、生活習慣などでお勧めする量が変わってきますが、目安としては美容の場合1日7.5g(コラーゲンとして5000mg、N-アセチルグルコサミンとして250mg、イヌリンとして1000mg)で、ジョイントケアの場合には15g(コラーゲン1000mg、N-アセチルグルコサミン500mg、チコリファイバー2000mg)となります。 ジョイントケアの場合には1日2回に分けてご利用になるといいでしょう。
Q7.どのように飲めばよいでしょうか?
特に味付けはしていませんので、牛乳、ジュース、コーヒーなどお好みの飲料や、シチュー、カレー、スープなどに溶かしてお召し上がり下さい。 骨密度を高めるためには、低脂肪乳に溶かしてお飲みいただくことがお勧めです。実はイヌリンは低脂肪のアイスクリームやヨーグルトを美味しくするための素材としても食品業界で広く利用されており、低脂肪乳の味を普通牛乳以上の味に改善します。ジョインスムーズ自体の味は、かすかに甘味のあるクリーミーなもので、飲み物や料理に加えることでコクが増してむしろ美味しくなりますので、お好みに合わせていろいろな召し上がり方をお試し下さい。
Q8.続けた方が良いですか?
コラーゲンやN-アセチルグルコサミンの体内合成能力は残念ながら加齢と共に衰えます。本製品のご使用で手応えが感じられた方は、長くお続けになる事をおススメします。
Q9.錠剤の方が手軽に摂れるので、そっちを利用していますが・・・
残念ながら、科学的に効果が期待できる量のコラーゲンを錠剤で補給することは困難です。多くの市販品が出回っていますが、感心しません。 どんな栄養成分でもそうですが、科学的にカラダのためになることが確かめられている量を摂取しなければ、 関節ケアのために臨床試験で有効性が確かめられているコラーゲンの量は10000mg(10g)/日、N-アセチルグルコサミンは500mg/日です。スキンケアの場合は、コラーゲンで5000mg(5g)/日であり、関節ケアの半量程度となります。 平均的な錠剤1粒の重量は300mg(0.3)程度ですから、仮に10gのコラーゲンを摂ろうとすると、単純計算で33~34粒/日が必要となります。実際には錠剤を作るために、成分を固めるための賦形剤(フケイザイ)が3~4割入りますから、10gのコラーゲンを摂るためには50粒/日程度が必要で、とても続けられるものではありません。 間違いのないサプリメントを選ぶためには、まず配合量と有効量をきちんと確かめることです。コラーゲンの場合には粉末以外の製品を使用しても、期待が満たされることは難しいと思われます。